どの視点から物を見るのか?

視点とは何でしょう?

辞書を引くと

 視線の注がれるところ。

 物事を見たり考えたりする立場。観点。

とあります。

つまり、視点は2種類

何を見ているのか?というと事と

どこから見ているのか?という事。

コーチングをしていると、

「視点を変える質問」という言葉が出てきます。

そして、学習者の悩みでよく聞くのが

「視点を変える質問が出来なくて・・・」というお悩み。

では、視点を変える質問をするには?

質問をする前に、まずは、目の前の相手を観察することが必要です。

上記の2つの視点が今、どうなのかを観察する。

目の前の相手は何を見ていて何を見ていないのか?

どんな立場から見ていて、どの立場からは見ていないのか?

会社の例で例えると

経営の立場からは物事を見ているけど、社員の立場になって見ていない経営者。

逆に、従業員の立場からの意見は言えるけど、経営者という視点は皆無な従業員。

それぞれの立場を変えて物事を見たときに、今まで見えていなかったものが見えます。

つまりはそれが気づきが起きるということ。

だから、

気づきを起こす質問をするには

まずは相手がどんな視点(どこを見ているのか?どんな立場で見ているのか?)を観察することがスタートなのです。

コーチングが上手くなりたい!と思ったら、ただ30分のセッションを繰り返すのではなく、

スキルを分解して練習することが効果的ですよ!

 

 

 

 

コーチングカンバセーションを体感しませんか?

  • コーチング基礎の勉強をしたけど、なかなか実践できない
  • 実際にやってみてはいるけれど、なかなか効果があらわれない。なんか違う気がする
  • コーチングスキルをもっと向上させたい
  • コーチングについて色々語り合いたい

のどれか1つでも当てはまるようでしたら、コーチ仲間と一緒にオンラインでコーチングを練習しませんか?

平日の夜と週末に開催しています。

詳しくは

【募集中】オンラインコーチ塾10月開催

をご覧くださいね!

コーチングがうまくなりたい・使えるようなりたいと思ったら

日常や仕事で役立つコーチングについて「ここきょう通信」でお届けしています。

▶︎ここきょう通信に登録する

・無料メールマガジンです
・イベント情報などを優先的にお知らせいたします

こちらのコラムも一緒に読まれています

  1. はじめまして

  2. 【終了】モヤモヤ解消セミナー~自分を知って動き出そう~

  3. 【募集中】日曜オンラインコーチ塾8月23日開催

  4. コーチングフローを使いこなす

  5. コーチが目指すところは~ここきょう通信より~

  6. 【募集中】オンラインコーチ塾10月開催

最近の記事はこちら

PAGE TOP