コーチングですっきりしました!で良い!?

行動目標が立てられない!

 

コーチングセッションの大きな目的として、行動目標がありますが、

大体、質問としては

「では、明日から(今日から)できることは何ですか?」

がよく使われると思います。

だけど、セッションを進めていく中で、時間が足りなくなって、結局、行動目標が立てられなかった!ってお悩みもよく聞きます。

そんな時に起こるのが、「あっ、行動目標を立てなきゃ!」と焦ってしまい、まだまだ、十分に話し切れていないのに

「そのためにできることは何ですか?」とすぐに聞きがち。

あまり早く聞きすぎると、

「それが分からないからコーチングを受けているんだ!」

な~んて反発も起こりがち。

もし、練習できるなら、いったん、行動目標の質問は置いておいて(聞かないで)その手前までを十分話してもらう練習をしてみてはいかがでしょう?

やろうと思ってやってないことは?

参考になる人がいるとしたら?

過去にうまくいったことは?

過去に、うまくいかなかったことは?

絶対にやりたくないことは?

目指す人はどんなことやっている?

誰かの助けを借りるとしたら?

etc・・・

ちょっと踏ん張って聞いてみる。

そんな時間を十分とった後に聞いてみましょう。

「ここまで話してみて、やれそうなこと(やってみたいこと)は何ですか?」

最初から、行動目標を意識するよりも、ずっと自然に出てくると思います。

コーチングがうまくなりたい・使えるようなりたいと思ったら

日常や仕事で役立つコーチングについて「ここきょう通信」でお届けしています。

▶︎ここきょう通信に登録する

・無料メールマガジンです
・イベント情報などを優先的にお知らせいたします

こちらのコラムも一緒に読まれています

  1. コーチングの目標は数字を使って!?

  2. コーチングセッションの時間内で解決しなければいけない!?

  3. スッキリしました!で終わらない

  4. 共感が逆効果になるときがある!?

  5. コーチングはテーマに沿ってセッションを進めなければならない!…

  6. コーチングでは現状を聞かないと先に進めない?

最近の記事はこちら

PAGE TOP