先輩コーチにには恐れ多くてコーチングできない!?

自分よりすごい人にはコーチングできない!?

 

そう思う気持ちはよくわかります。

実際私も、先輩から、ちょっとアイデア出したいからコーチングして!と言われると、ドキドキ!!

なんだかコーチングスキルをチェックされているように感じてしまうのですが・・・。

実際には、関係ありません。

キャリアや、情報、知識、実績が多いかではなく、相手はあなたと対話を通して自己探求したいのです。

自分の考え、想いを発する事が目的なのです。

だから、ここで、大切になってくるのは、どんなことを話しても良いと思える、「信頼関係」。

もし、あなたが、自分よりもすごい人?(とあなた自身は思っている)からコーチングを依頼されたとしたら、それは、本当に素敵なこと。

あなたを信頼しています!という証だから。

だから、臆することなく、いつものあなたで、しっかり相手の話を受け止め、反応し、一緒に共同探究者として真正面で受け止め、関わってくださいね。

コーチングをうまくやろう!なんて思わなくても大丈夫!

コーチングがうまくなりたい・使えるようなりたいと思ったら

日常や仕事で役立つコーチングについて「ここきょう通信」でお届けしています。

▶︎ここきょう通信に登録する

・無料メールマガジンです
・イベント情報などを優先的にお知らせいたします

こちらのコラムも一緒に読まれています

  1. コーチングセッションの時間内で解決しなければいけない!?

  2. 共感が逆効果になるときがある!?

  3. スッキリしました!で終わらない

  4. コーチングでやる気を引き出す!?

  5. コーチングの目標は数字を使って!?

  6. コーチングですっきりしました!で良い!?

最近の記事はこちら

PAGE TOP