コーチングはテーマに沿ってセッションを進めなければならない!?

テーマに沿ってセッションを進めなければならない?

 

よく、「テーマから外れちゃいました!」と練習を終えた後に、コーチが反省をすることがあります。

ですが、時に、最初にクライアントが掲げたテーマと、セッションの内容がずれることがあります。

それが、悪いのか?というと、そうではなく、

大切なのは、テーマから離れた理由(意図)と同意

テーマでは、「セールスの目標達成」だったとしても、コーチが、

「今は、健康管理や家族との関係性を扱った方が良さそうだ!」

と判断したのなら、クライアントの同意を取ったうえで、

「まず、先に、今、必要なことをクリアしましょう!」と、最初のテーマからずれるのはOK

または、クライアントが話しているうちに、真のテーマに気づき、「やっぱり、こっちにします!」という流れで、テーマからずれるのもOK

大切なのは、そこに、意図と同意があるかどうか。

行き当たりばったりで、思いついた質問をしていたら、テーマからずれちゃいました!はNGなのです。

もしも、ずれてきちゃったら、率直に、

「今、最初に挙げたテーマと少しずれてきましたけど、このまま続けますか?それとも、最初のテーマに戻ります?」

と聞いていみるという事も有効です!

私も、最初、「テーマは何ですか?」と、聞いた後、ドキドキしながら、あまりの緊張に、

私自身がテーマを忘れちゃって、あれ?何について話していたんだっけ?

と彷徨い、迷走することが多々ありましたので、参考になれば幸いです。

コーチングがうまくなりたい・使えるようなりたいと思ったら

日常や仕事で役立つコーチングについて「ここきょう通信」でお届けしています。

▶︎ここきょう通信に登録する

・無料メールマガジンです
・イベント情報などを優先的にお知らせいたします

こちらのコラムも一緒に読まれています

  1. スッキリしました!で終わらない

  2. 先輩コーチにには恐れ多くてコーチングできない!?

  3. コーチングでは答えは相手の中にある!?

  4. 共感が逆効果になるときがある!?

  5. コーチングでは現状を聞かないと先に進めない?

  6. コーチングが機能する領域

最近の記事はこちら

PAGE TOP