コーチングの目標は数字を使って!?

目標は数字を使って立てなければならない!?

 

新年度、目標を立てられる方も多いのではないでしょうか。

どんな風に目標を立てますか?

先日、コーチングセッションをした方は

「売り上げを上げる」というのがテーマでした。

で、

「いつまでに、どれくらいになっていたらいいですか?」

と質問したのですが、なかなかはっきりした答えは返ってきません。

もし、あなたが同じように「今年は売り上げを上げたい」というテーマをお持ちの場合、どうでしょうか?

「いつまでに、どれくらいになっていたいですか?」

自分で質問しといて何なのですが、私、これを答えるのはあまり得意ではありません。

では、

「どんなお客様に来て欲しいですか?」とか

「お客様があなたのところに来たらどんな状態になって欲しいですか?」という質問だったらどうでしょう?

私はこちらの方が答えやすいです。

つまり、私の場合、数字で答えるのがイヤ・・。

英会話教室をしていたときも「生徒数何人目標?」「今、何人いるの?」って聞かれるのが凄くイヤだったな~。

「何人だっていいじゃん!」って心の中でつぶやいた。

でも、世の中には、数字を追いかけると俄然、やる気になる人もいるのです。

その道で1番になりたいとか、月商7桁とか(笑)、売り上げ3倍にするとか・・・。

私の場合、数字は後からついてくれば良いと思うほうなので、

ちょっと苦しくなっちゃいますね。

でも、なんとなくコーチング的に「目標を具体的にしないといけない!」という思い込みが結構あって、

ちょっとでもあいまいな言葉を使うと

「具体的には?」とか、すかさず聞いてこられたりします。

「いつかやりたいと思っているんです~。」なんて言おうもんなら

「いつかっていつですか?」

って、どや顔で聞かれたり・・。

そんな時は「いつかはいつかです。」って笑いながら返しちゃいます。(意地悪かな~)

ということで、みんなそれぞれ、目標の立て方には向き不向きがあるので、

コーチングには「個別対応」が必要になってきます。

もちろん、時には数字を使って目標設定をするのが必要な時もあります。

オンラインクラスの第1回目には、「個別対応」タイプ分けについてをお伝えします。

4月14日開講オンラインで学ぶ実践コーチ塾

 

コーチングカンバセーションを体感しませんか?

  • コーチング基礎の勉強をしたけど、なかなか実践できない
  • 実際にやってみてはいるけれど、なかなか効果があらわれない。なんか違う気がする
  • コーチングスキルをもっと向上させたい
  • コーチングについて色々語り合いたい

のどれか1つでも当てはまるようでしたら、コーチ仲間と一緒にオンラインでコーチングを練習しませんか?

平日の夜と週末に開催しています。

詳しくは

【募集中】オンラインコーチ塾10月開催

をご覧くださいね!

コーチングがうまくなりたい・使えるようなりたいと思ったら

日常や仕事で役立つコーチングについて「ここきょう通信」でお届けしています。

▶︎ここきょう通信に登録する

・無料メールマガジンです
・イベント情報などを優先的にお知らせいたします

こちらのコラムも一緒に読まれています

  1. コーチングはテーマに沿ってセッションを進めなければならない!…

  2. コーチングでは答えは相手の中にある!?

  3. スッキリしました!で終わらない

  4. コーチングセッションの時間内で解決しなければいけない!?

  5. コーチングでは現状を聞かないと先に進めない?

  6. 先輩コーチにには恐れ多くてコーチングできない!?

最近の記事はこちら

PAGE TOP